FC2ブログ

保護主様ご協力のお願い

保護主として、受け入れてくださる団体様・個人協力者様
環境チェック、預かり、移送などのご協力をいただける 団体様・個人様を 探しています。


宮古島アニマルレスキューチーム(MART)では、広く島外の協力団体様をもとめております。
「どこも大変なのは同じでしょう」と、お感じになられると思います。
しかし離島ならではの、厳しい現状があります。

★保健所頭数が対応しきれる数ではない。
 2016年保健所収容犬頭数383頭。同年東京都全体392
 人口ひとりあたりで比べると、東京の250倍にもなります。
★離島であるため、他の地域から、里親希望者が犬を見に来れない。
 譲渡会を開いても、同じ沖縄県内ですら飛行機で往復2万円以上かかり、事実上困難です。

島外の保護団体様のご協力がなければ、宮古島の犬たちの多くが殺処分となってしまうのが現状です。
現状をご理解いただき、ぜひとも、お力をお貸しいただけますよう、お願い申し上げます。

問題のない良好な状態で お送りいたします
■ 犬は、獣医の診断を受け、以下の処置を行っています。
  ・パルボの陽陰検査 パルボワクチン接種
  ・駆虫、フロントライン
■ 以上の医療処置を行ったうえ、最低10日間は健康状態を確認します。

島外への受け渡しは全て空輸です

■ できるかぎりバゲージボランティアを探しますが、状況により貨物空輸になることもあります。
■ 到着空港までお受け取りに来ていただけるよう、お願いいたします。

★かかった医療費については、各犬のブログページに記載しております。
★空輸代につきましては、事前にお打ち合わせさせていただきます。



以下にご連絡ください。


「宮古島アニマルレスキューチーム」
miyakojima_art@yahoo.co.jp

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント