FC2ブログ

譲渡費用について

譲渡費用について


宮古島SAVE THE ANIMALSでは、譲渡時にお支払いいただいている費用について、今後は「保護費」として改めて設定させていただくことにいたしました。
------------------------------------------------------------------------------------

【 医療費 】

 ■猫
  未避妊・未去勢  ¥10,000
  去勢済      ¥20,000
  避妊済      ¥25,000
 ■犬
  狂犬病ワクチン未接種  ¥10,000
  (子犬および保護主様の依頼で引き出し、隔離期間後すぐ空輸した場合)
  未避妊・未去勢  ¥15,000
  去勢済      ¥30,000
  避妊済      ¥35,000
※猫・犬共に、避妊・去勢手術ができる年齢に達しない時期に譲渡となった場合は、里親様・保護主様にて対応をお願いしております。


【 空輸費 】

 ■バゲージボランティア  ¥6,000
 ■貨物          ¥12,000~30,000程度(実費)
※貨物の場合は重さ(体重+クレート)により変動があるので実費といたします。




【 その他オプション 】

 ■出発前検査(血液検査) 実施項目により異なるため実費
※ご希望があれば、空輸前に事前の血液検査をいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------


シェルターには、常に70頭超の犬と約30匹の猫が生活しています。
犬・猫の生活に関わる費用は、主に以下のようなものに支払いが発生しています。

 ・保健所引き出し後の初期医療(血液検査やワクチン接種など)
 ・避妊/去勢手術
 ・毎月のフィラリア/ノミダニの投薬費
 ・その他、塗り薬や手術など必要に応じた治療費
 ・毎日のフード/シーツ代
 ・シェルターの掃除やケージにひくタオルの洗濯に係る水道代
 ・シェルターの電気代

今まで、里親様・保護主様には、主に初期医療費と避妊・去勢手術費、空輸費を、実費を基に計算してご負担いただいており、日々の生活としてかかるフードやシート代などの費用については、シェルターにて負担しております。
そして、現在の医療費については、島内でお世話になっている動物病院が複数あり、犬・猫の健康状態や動物病院の営業日時などにより、医療を受ける病院が変わっておりますが、里親様・保護主様のご希望で病院を変えている訳ではない中、動物病院によって料金が異なるため、お引き受け頂く犬・猫によって、同じ医療を受けても値段が変わる状況になっておりました。
さらに、避妊・去勢以外に病気で受診、手術をした子なども医療費が高くなるため、希望してくださっても譲渡費用が高くなることで躊躇されるという方がいたとしたら、一頭・一匹でも幸せな家庭を早く見つけてほしいという私たちの想いと乖離があり、本意ではありません。
そこで、今後、ご負担費用を一律に設定させていただくことにいたしました。

シェルターに居る犬・猫が早期に幸せな場所を見つけられるよう、引き続き、ご協力、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

宮古島SAVE THE ANIMALS
代表 中原絵梨奈
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント